2018秋号の表紙が決まりました!

0

ボク(片山通夫)にとって、とても記憶に残った話の一つがこのスプーンにまつわる話だ。ユジノサハリンスクで一人の女性に出会った。彼女はボクにこう言った。「大叔父の遺骨を韓国の国際墓地に移送したいのです」
(秋号CoverStoryから)

0