びえんと《新天皇の「おことば」と憲法9条》文・写真 Lapiz編集長 井上脩身

0

 新しい天皇が5月1日に即位され、令和の時代が幕を開けた。この即位を前に安倍晋三首相は2月22日と、新元号が「令和」と決まった後の2回、まだ皇太子だった新天皇を訪ねている。報道では皇位継承行事や新元号について説明をしたという。これだけなら宮内庁長官の任務であろう。安倍首相には別の意図があったのではないか。新天皇即位に際し、少なくとも憲法改変の動きに水を差すことだけは避けたい、との底意をもって面会したのではないか、との疑念を私はいだいていた。はたして、新天皇の即位儀式での「おことば」に安倍首相の真意が隠されている、と直感した。令和の考案者とされる国文学者の中西進氏は「うるわしく平和に生きていく願いがこもった元号」(6月11日付毎日新聞)という。だが、私は安倍一強のなか、令和の時代は冷和となり戦争への道に進むのではないか、との危惧を一層強くした。

「守る」と「のっとる」

 5月1日の新天皇の「おことば」のなかで私が注目したのは後段、「ここに、皇位を継承するに当たり」以降の文章である。以降の全文は以下の通り。

 上皇陛下のこれまでの歩みに深く思いを致し、また、歴代天皇のなさりようを心にとどめ、自己の研鑽に励むとともに、常に国民を思い、国民に寄り添いながら、憲法にのっとり、日本国及び日本国民統合の象徴としての責務を果たすことを誓い、国民の幸せと国民の発展、そして世界の平和を切に希望します。
 
 上皇となられた前天皇が即位(1989年1月9日)した際の「おことば」も、後段は「ここに、皇位を継承するに当たり」から始まる。以降の文章を掲げる。

 大行天皇の御遺徳に深く思いをいたし、いかなるときも国民とともにあることを念願された御心を心としつつ、皆さんとともに日本国憲法を守り、これに従って責務を果たすことを誓い、国運の一層の進展と世界の平和、人類福祉の増進を切に希望してやみません。

 前天皇、新天皇ともに「おことば」のなかで、先の天皇に思いをいたして世界の平和を希望するとしている点は共通している。このことから、新天皇は前天皇の路線に沿っていこうとしている、と多くのマスコミは捉えている。だが、決定的に異なっている点を見落としてはならない。それは以下に述べる文節である。
 新天皇「憲法にのっとり、日本国及び日本国民統合の象徴としての責務を果たす」
 前天皇「皆さんとともに日本国憲法を守り、これに従って責務を果たす」

 新天皇は「憲法にのっとり」、前天皇は「日本国憲法を守り」とした。問題は「のっとり」と「守り」が同義かどうかである。
 憲法は天皇について、第1章の第1条から第8条まで規定している。その第1条は「天皇は日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く」と規定している。新天皇の「憲法にのっとり、日本国及び日本国民統合の象徴として」という文言は憲法1条を指していることは論をまたない。
 憲法にはこの第1章以外に天皇が登場するのがもう1カ条ある。第99条(憲法尊重擁護の義務)である。次のように規定されている。
 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。
 前天皇のいう「日本国憲法を守り」とは、憲法99条に基づいていることは自明であろう。繰り返すが、憲法は天皇や総理大臣に「憲法擁護」を求めている。第1章「天皇」(第1条・象徴天皇制、ほか)だけでなく、第2章「戦争の放棄」(第9条)、第3章「国民の権利及び義務」(第11条・基本的人権、ほか)など、憲法のすべての規定の擁護義務が天皇も首相も課されているのだ。前天皇が「皆さんとともに日本国憲法を守り」という表現には、国民主権の精神にそって9条を守るとの思いがこめられていると言えるだろう。


沖縄訪問の意味

 前天皇が憲法9条について言及したことは一度もない。だが、即位の際の「おことば」で「日本国憲法を守り」と憲法順守を明確にしたことは保守派には衝撃だった。結党以来、「現憲法はGHQの押し付け」として「憲法改正」を党是としてきた自民党の幹部から「天皇は護憲派か」との嘆息がもれたといわれる。安倍首相の強い支持団体「日本会議」の基本運動方針は「天皇崇拝」と「憲法改正」だ。崇拝すべき天皇が「憲法を守る」のでは、保守派は自己矛盾に陥ってしまう。
自民党は2012年、憲法改正草案をまとめた。第9条2項の「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権はこれを認めない」の規定を廃止し、「自衛権の発動を妨げるものではない」と改変。さらに第9条の2を新設、「我が国の平和と独立並びに国及び国民の安全を確保するため、内閣総理大臣を最高指揮官する国防軍を保持する」と、自衛隊の国防軍化を明確にした。こうした明治憲法的な憲法に変えよとの動きに対し、前天皇の「おことば」が心理的なブレーキとして働いたことは想像に難くない。
 では、前天皇の「第9条を守る」という精神はどこに見られるだろうか。
 前天皇が皇太子時代、「忘れてはならない日」として、終戦記念日、広島・長崎原爆忌とともに6月23日の沖縄戦終結の日を挙げた。
 沖縄に関しては1975年7月、皇太子として皇太子妃をともなって「沖縄海洋博」の開会式に出席のため訪沖、ひめゆりの塔の前で火炎瓶を投げつけられた。その夜、「沖縄の苦難の歴史を思い、沖縄戦における県民の傷跡を深く省み、平和への願いを未来につなぎともども力を合わせて努力していきたい」との談話を発表。同年12月の記者会見では「沖縄が教科書にどの程度出ているのかを調べてもらったが、非常に少ない」と語っている。
 天皇即位後の記者会見でも「沖縄の人々の心を、気持ちを、戦争で亡くなった人々、また、多くの苦しんだ人々のことを考え、沖縄を訪問したいと思う」と述べ、2009年の会見でも「沖縄県では多数の島民が戦争に巻き込まれて亡くなったことは、かえすがえす残念」と語った。退位を決めて後の2018年3月にも沖縄を訪ねており、沖縄訪問は皇太子時代を含めて11回にのぼっている。
 前天皇が沖縄戦跡を訪ね、亡くなった人たちへの祈りを捧げてきたことが護憲の証し、と言い切ることはできない。おことばや会見のなかで「9条を守る」とは明言してないからだ。それ以上に問題なのは、沖縄の米軍基地を視察したことがないと思われることである。米軍施設の70%以上が集中している沖縄はいわば憲法第9条の番外地だ。いま最大の焦点である辺野古を訪ねないかぎり、「沖縄の人たちと寄り添う」ことにならない、との意見があるのも事実なのだ。
とはいえ、「国政に関与できない」という憲法上の制約のなかでの前天皇の11回に及ぶ沖縄訪問である。沖縄が先の大戦で犠牲の島となったことを浮き彫りにし、平和への熱い思いを国民に印象づけたことは確かだ。おことばの中の「皆さんとともに日本国憲法を守り、これに従って責務を果たす」とは沖縄訪問を指していたと言っても過言ではないだろう。
 安倍政権は「普天間基地の移設」の名目で、沖縄県の民意を無視して辺野古基地新設にまっしぐらである。沖縄の人たちから見れば、安倍首相の目は沖縄でなくアメリカを向き、トランプ大統領のいいなりになっているとしか映らない。その沖縄の人たちにとって、前天皇の沖縄訪問により国民の目が一時的にせよ沖縄に向けられることは、辺野古反対運動にとってプラスとは言えないまでも、決してマイナスではない。一方、前天皇の沖縄訪問は安倍政権にとっては何とも具合の悪いことであったに相違ない。

問われる令和の天皇

 新天皇が「おことば」で「憲法を守る」と述べなかったのは安倍首相の進言を入れたことによる、と言える証拠はない。だが、少なくとも安倍首相は「憲法にのっとり」の文言に、ほっと胸をなでおろしたにちがいない。
首相は今年の憲法記念日の5月3日、「日本会議」系の集会「公開憲法フォーラム」にビデオメッセージを寄せた。安倍首相は2年前のメッセージで「2020年を新しい憲法が施行される年にしたい」と述べたことについて、今年のメッセージでも「その気持ちに変わりない」としたうえで、第9条に自衛隊を明記するとの自説について「違憲論争に終止符を打つ。その先頭に立つ」と語り、「令和への改元を機に改憲論議を進めるべきだ」と訴えた。
 要するに安倍首相は前天皇から新天皇に変わったのを機に、憲法改変を一気に進めようとの魂胆なのだ。新天皇が「憲法を守る」と言わなかったことは、その意図はともかく、結果として安倍首相の後押しになる可能性を否定できない。
 言うまでもなく、新天皇が何から何まで前天皇と同じことをすればいい、というものではあるまい。独自の象徴天皇像を見いだすべきだろう。ただ、沖縄を訪ねるのか、訪ねるとしてもどのような姿勢でのぞむのかを注視したい。新天皇には、「国民に寄り添う」ために、戦争になれば沖縄、広島、長崎の惨劇になることだけは学んでもらわねばならない、と思うからだ。もし、日の丸の小旗を振り、「天皇陛下万歳」という人たちだけに寄り添う天皇であるならば、若者が天皇の名において戦場に散り、国民が塗炭の地獄に陥ることになる、と恐れるからである。
                      了

0