百鬼夜行夜話 019「鵺の鳴く夜は恐ろしい 03」片山通夫

0
源頼政 鵺退治の図

『平家物語・巻4・鵺の事』によると、源頼政は二度鵺退治をしている。
一度目は近衛天皇在位の時、毎夜、丑刻(午前二時頃)になると東三条の森の方から、黒雲が沸き立って御所を覆い、鳥の鳴くような奇妙な声がして天皇を悩ませていた。 “百鬼夜行夜話 019「鵺の鳴く夜は恐ろしい 03」片山通夫” の続きを読む

0