原発を考える《核のごみ最終処分場の行方》文 井上脩身

+1

――手を挙げた北海道2町村の問題点――
 原発の使用済み核燃料から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場選定に向けての文献調査に関し、北海道の寿都(すっつ)町と神恵内(かもえない)村で実施される可能性が浮上した。この調査を受け入れる自治体には国から最大20億円が交付されることになっており、この2町村はカネ欲しさに手を挙げたのだ。核のごみの処分場がないことについて、「トイレのないマンション」と揶揄されて久しい。そのトイレの見通しのないまま原発大国を目指した自民党政府は、原発立地と同様、過疎の貧困自治体に札びらをちらつかせるという、あこぎな手段に打って出たのである。この二つの町村のいずれかが最終処分場になれば、核燃料は10万年先までその地下に埋められる。日本は世界有数の地震大国である。地下が安全と言い切れるはずがない。そのリスクを負わされるのは未来の人たちだ。「トイレから汚染物が漏れ出してもオレたちの知ったことでない」と言っているに等しいではないか。何という無責任で無恥な国であろうか。

“原発を考える《核のごみ最終処分場の行方》文 井上脩身” の続きを読む

+1

人物時計・大阪ぐりぐりマルシェ《裏方万歳!》中川眞須良

0
鈴木康平(スズキコウヘイ)さん 30歳

 

 

 

女性名 真央(マオ)さん
業界紙出版会社 勤務

大阪市中央区 在住

当神社でのマルシェ開催に対し、前日はあらゆる準備、当日は管理監督、閉店後は整理整頓に従事する名物男、いや、名物女?

今日はなぜ、このスタイルですか? の問に
「いつもの自分自身が消えるんです。 人格までもが、、、、」

2020年9月12日 マルシェ当日撮影

0

連載コラム/日本の島できごと事典 その5《与論小唄》フリージャーナリスト 渡辺幸重

0

与論島は鹿児島県最南端の島で、沖縄復帰前は4月28日の沖縄デーに与論島と沖縄島から船が出て北緯27度線の海上集会で「復帰要求沖縄県民大会」が開かれました。当時は観光ブームに沸いていた与論島ですが、薩摩藩政時代からたびたび疫病の流行や台風、火災などにより多数の死者が出る飢饉を経験してきました。1899 年(明治32 年)から九州島への集団移住が始まったのも前年に襲来した猛烈な台風による被害が引き金になっています。多くの人が石炭の積込み労働者として島原半島南端の口之津(長崎県)に移住し、その後大牟田市三池に転住しました。三池炭鉱の与論島出身者集落には多いときには1,200人を超える人口があったといいます。三池では与論島出身者は過酷な労働と低賃金下に置かれ、「与論人(ヨーロン)」と呼ばれて朝鮮人労働者と同様のひどい差別を受けました。 “連載コラム/日本の島できごと事典 その5《与論小唄》フリージャーナリスト 渡辺幸重” の続きを読む

0