冬の夜の昔話《神隠し 02》片山通夫

0
佐脇嵩之『百怪図巻』より「ゆき女」

遠野物語などに出てくる話で不思議なのが神隠しと呼ばれる現象だ。前に書いたようにある場所である人が忽然と姿を消す。ある時は山へ出かけて帰ってこない場合もある。山なら遭難ということも考えられるが、便所へ入ってそのまま姿を消す場合もある。
原因はわからない。天狗や鬼、狐、妖怪、怨霊などのせいかもしれない。不思議なことに姿を消す期間はまちまちである。
そしてある時姿を消した便所から忽然と姿を現すこともある。

定かな理由はわからない。最もわからないから神が関与しているということなのかもしれない。この「神」とは、神奈備、神籬、磐座などに鎮座するアマテラスやスサノオなどだけでなく、八百万の神々をさす場合も、天狗や鬼、山の神や山姥、人ををたぶらかす狐など妖怪変化の場合もありそうだ。もしかすると冬には?

0