秋の夜長に聞く話《伏水の酒》片山通夫

大倉酒造の井戸。今も滾々と・・・。

西に灘があれば東には伏見がある。滾々と湧く伏水(ふしみず)を使った酒が伏見の酒だ。 歴史は古い。大倉酒造のホームページによると、5世紀には渡来系氏族の秦氏らが酒造りに関わり、8世紀に平安京の造酒司で行われた高度な酒造りの影響を受けながら、伏見の酒は歩み育てられてきた。 1425年(応永32年)、1426年(同33年)の酒屋名簿によると京の洛中・洛外に342軒の酒屋が存在し、その中には伏見の酒屋も含まれていたとか。
 https://www.gekkeikan.co.jp/enjoy/kyotofushimi/fushimi/fushimi02.html

話は変わるがこの京都・伏見の大倉酒造の近辺に三十石船で大阪まで通っていた船があり寺田屋という船宿がある。寺田屋事件が起こった。
同じく大倉酒造のホームページには詳しく掲載されているので是非ご覧ください。https://www.gekkeikan.co.jp/enjoy/ryoma/teradaya.html

怒りを込めて振り返れ《新疆ウイグル地区や台湾から目を離せない》一之瀬明

中国・新疆地区における少数民族への「弾圧」に対し、国際的な批判が起きている(イスタンブール、2月26日)

世は総選挙一色である。現与党が衆議院を制するかと国民の注目が集まっている。各党とも「ばらまき」を公約に挙げている。特に自民党や公明党、つまり現与党の連中が口をそろえて言っているのがおかしい。それならこの2年の間に、つまりコロナ救済でアベノマスクで何百億も使い、たった一度10万円給付で口を濁ごさず早めに手を打ってほしかったと思うのは私だけ? “怒りを込めて振り返れ《新疆ウイグル地区や台湾から目を離せない》一之瀬明” の続きを読む

連載コラム・日本の島できごと事典 その44《島を食う虫》渡辺幸重

かつてのホボロ島

瀬戸内海の東広島市赤碕の沖に小さな島「ホボロ島」が浮かんでいます。「美しい赤土の山肌を持っているこの島は、風雨や波に侵されて身がやせ細るばかりだったので、そこから逃げだそうとしたものの周囲の島々がじゃまをしてどこにも逃げられなかった。西方にこの島に好意を持つ藍之島があったが、その間にある島が辛く当たるので会いにも行けず、すっかり諦めて衰亡の身を横たえている」という伝説がある島です。 “連載コラム・日本の島できごと事典 その44《島を食う虫》渡辺幸重” の続きを読む

秋の夜長に聞く話《灘の生一本》片山通夫

灘五郷絵図

関西には酒どころと言われている郷がいくつもある。代表的なのが「灘五郷」。神戸市灘に有名な造り酒屋がひしめいている。五郷とは、兵庫県の灘一帯にある5つの酒造地の総称である。西郷、御影郷、魚崎郷、西宮郷、今津郷を指す。日本の清酒生産量の約3割を占める。筆者の知り合いのも過去に造り酒屋を営んでいたり酒樽の製造に携わっていた家があった。魚崎と今津のそれらは存在した。 “秋の夜長に聞く話《灘の生一本》片山通夫” の続きを読む

秋の夜長に聞く話《秋の宵に飲むカクテル・・・》片山通夫

宵とは「日が暮れてからしばらくの間。(夕暮れに続く)夜の初めの頃を言う。こんな日はやはり土砂降りとか曇りでは何かそぐわない。夕日が落ちて残照が空を赤く染め、秋特有のイワシ雲などが赤く染まり、徐々に暗くなってゆく頃、そんな時には何を飲む? “秋の夜長に聞く話《秋の宵に飲むカクテル・・・》片山通夫” の続きを読む