春の宵物語《行く春(ゆくはる) 晩春再び》

0

今まさに過ぎ去ろうとする春のこと。寒い冬の後に待ちわびた春。しかし瞬く間にその春は過ぎ去ろうとしている。そんな様を感じる。「春惜しむ」というと、さらに愛惜の念が強くなる。

季語としても多々歌われる。例えば
春の名残、春のかたみ、春の行方、春の別れ、春の限り、春の果、春の湊、
春の泊 春ぞ隔てる、春行く、徂春、春を送る などなど。

行はるや鳥啼うをの目は泪 芭蕉 「奥の細道」
行春にわかの浦にて追付きたり 芭蕉 「笈の小文」
とゝ川の春やくれ行葭の中 丈草 「丈草発句集」
ゆく春やおもたき琵琶の抱ごゝろ 蕪村 「五車反古」
ゆく春や鄙の空なるいかのぼり 白雄 「白雄句集」
行春やうしろ向けても京人形 渡辺水巴 「白日」
行く春や心の中の蓑一つ 長谷川櫂 「初雁」

0

春の宵物語《行く春(ゆくはる) 晩春》片山通夫

0
竹原・広島(イメージ写真)

過ぎ去ろうという春のことだ。晩春は「4月5日の清明から5月6日頃の立夏の前日」までということになってる。晩春は長い…? 二十四節気で見ると、5月上旬までが晩春と考えるのが良いようだ。
そこ行く春は夏を迎える時期のころと見える。初夏。春は長い冬が終わり、花が咲き鳥が啼くいわゆる陽春をイメージできるのだが、行く春は悲しい

 

0

春の宵物語《春の和歌》片山通夫

0

見渡せば柳桜をこきまぜて
都ぞ春の錦なりける

久方の光のどけき春の日に
しづ心なく花の散るらむ

桜花散りぬる風のなごりには
水なき空に波ぞ立ちける

あえて現代語には訳さない。今更・・・。

最後の和歌の「水なき空に波ぞ立ちける」とは「水のない空に花びらの余波がたっている」という意味だそうだ。つまり散った桜の花びらが空に漂ているというほどの意味なのか。
昔の人は難しい表現を楽しんだようだ。(古今和歌集より)

0

春の宵物語《香炉峰の雪》片山通夫

+1
イメージ写真

昔、定かな時かは忘れたが、枕草子を国語なのか古典なのかで習ったとき、清少納言という女性は何とも嫌味な人だとと思ったことがある。そう、例の香炉峰の雪のくだりだ。
お忘れになられた方もおられるだろうから少し書いてみる。

雪のいと高う降りたるを例ならず御格子まゐりて、炭櫃に火おこして、物語などして集まりさぶらうに、「少納言よ。香炉峰の雪いかならむ。」
と仰せらるれば、御格子上げさせて、御簾を高く上げたれば、笑はせたまふ。
(清少納言「枕草子」より)

中宮・藤原定子が清少納言に「少納言よ。香炉峰の雪いかならむ。」と問われて、格子をあけてミスを挙げると定子はお笑いになった。

ざっとこんなことなのだが、清少納言が自分の「功」を自慢げに自作の随筆である枕草子に書き留めたことにいやなイメージがあった。なんて自己主張の強い女性なんだと・・・。

こう思った当時は若かった。今ならそこまで考えないで、必死に生きる当時の女性の姿を「観察」するまでだ。

+1