Lapiz2019Spring カバーストーリー:片山通夫

ロシア・サハリン州立美術館 「極東地域の芸術」コレクション  

主任学術研究員 オルガ ニコラェウナ さん

オルガ ニコラェウナ さん (写真上)には、先月、サハリン州立美術館でばったりと会った。

「片山さん、美術館へ来る時間ありますか?」
(美女に誘われて断ることはできないボクなのだ)
「もちろん、行きますよ」

かいつまんで言うと彼女の話は以下の通り。

求む!日本の芸術文化

 この美術館は1983年に開設され、昨年がちょうど創立30周年だった。

収納物の点検も行ったが、この建物もそうだが、樺太時代のものも多くはないが所蔵している。しかしいわゆる生活雑器が主で、博物館が所蔵するような品物ばかりである。

 この島には韓国系の人々も多い。ある韓国人が韓国の所蔵物を見てその貧弱なもの、つまりとても美術品と言えるようなものがなかったことに驚いて、帰国されてから、いくつもの磁器や陶器など、美術品として恥ずかしくないものを寄贈していただいた。

  しかし残念なことに樺太に深くかかわりのある日本のものはとても貧しいものしかない

オルガさんはこう続ける。

「もし日本の方のご厚意で日本の伝統的な芸術品を寄贈していただけるならとてもうれしい。勿論当美術館で大切に保管して、サハリンの人々に末永く見ていただけるよう十分な配慮をするつもりです」

 彼女はとても厚かましいのですがと、はにかみながら

「陶磁器、特に伊万里、九谷など、また日本の伝統的な着物、例えば花嫁衣装や男性の羽織袴、また歴史的な価値を見出すことのできる雛人形など人形も素晴らしいものがあります。これらの品々がもしご家庭の納戸などに眠っているなら寄贈していただければとてもうれしい」と懸命に訴える。

もし読者のご家庭や会社でしまられてしまっている美術品などがあればぜひサハリン州立美術館に寄贈していただければと思う。

 そんな場合は以下までご連絡いただきたい。
mk*609studio.com
*は@に置き換えてください。

オルガ ニコラェウナ さんと現在のサハリン州立美術館


美術館の中のオルガさん
美術館の中のオルガさん

サハリン州立美術館(旧北海道拓殖銀行豊原支店)
サハリン州立美術館(旧北海道拓殖銀行豊原支店)

Lapiz2018冬号のお知らせ

冬号の表紙が決まりました!
三重県の宿場町関で桶を制作する服部名人が冬号の表紙に登場!
カバーストーリーをお楽しみに!!!

Lapiz2018冬号のお知らせ

Lapiz2018冬号は12月1日発行予定です。

主な企画
1)北前船シリーズ⇒昆布と大阪
2)旅するカメラ⇒穴太(あのう)積
3)日本のポンペイ⇒一乗谷朝倉氏遺跡(いちじょうだに あさくらし いせき):右の写真
4)2019年カレンダー などなど

ご期待ください!!

Lapiz2018秋号が出来上がりました。

Lapiz2018秋号のトピックス
今年は明治150年。井上編集長渾身の作品「ジョセフ・ヒコの幕末維新」第3回をお届けします!ジョセフ・ヒコは、1837(天保8)年9月20日(8月21日)、播磨国加古郡古宮村(播磨町古宮)に生まれた。幼名を彦太郎(のち浜田彦蔵)と言い、母の再婚相手の養父の船乗りにあこがれ、母を13歳で亡くしてから彦太郎は栄力丸で江戸へ出かけ、江戸見物を終えての帰り、船が嵐で難破し、太平洋を52日間漂流した・・・。幕末に活躍した通訳、貿易商。「新聞の父」と言われる。洗礼名はジョセフ・ヒコ 。
その他、空撮撮影作品は小田真さんの力作。無人駅は近江鉄道・五箇荘駅、五箇荘は近江商人発祥の地。宿場町は日光東往還・関宿(せきやど)、そして北前船シリーズは「北陸の名湯山中温泉の山中節」など力作揃いの2018年秋号!!

ダウンロードは以下から…!(無償)

DLマーケットからのダウンロード

Lapiz フォームからのダウンロード

2018夏号Opinion「嘘と詭弁の世の中だ」一之瀬 明(年金生活者)

(2018 年5 月11 日・記)
柳瀬唯夫元首相秘書官の参考人招致が去る 5 月 10 日に国会で行われた。最初に苦言を野党に言っておきたい。それはあまりにも不甲斐ない質問だということだ。この問題はすでに一年を経過している。野党の面々はこの一年間、いったい何をしていたのかと思う次第である。
ところでいささか旧聞になろうかと思うが、先月つまり返す刀で同紙は県が公表した柳瀬氏の名刺の記事を掲載した。少し長くなるが引用したい。《面会時の職員受け取る 愛媛県が柳瀬氏の名刺公開》愛媛県は11日、同県今治市に新設された学校法人「加計学園」の獣医学部を巡り、2015年4月2日に県職員が首相官邸で柳瀬唯夫元首相秘書官と面会した際に受け取った柳瀬氏の名刺を公開した。記者会見した中村時広知事によると、県職員は柳瀬氏と名刺を交換したとし5 月 11 日の愛媛新聞社社説に注目した。全文は愛媛新 ている。中村知事は「うそは他人を巻き込むことになる」新聞のサイトで読まれたい。
“2018夏号Opinion「嘘と詭弁の世の中だ」一之瀬 明(年金生活者)” の続きを読む