連載コラム・日本の島できごと事典 その76《南波照間島》渡辺幸重

日本最南端平和の碑(「離島ナビ」 http://ritou-navi.com/2015/10/23/paipatiroma/)

 有人島としての日本最南端の島は、沖縄・八重山諸島に属し、西表島の南約22kmに浮かぶ波照間島(はてるまじま)になります。伝承ではもっと南に「南波照間島(パイパティローマ)」と呼ばれる島があるとされ、『八重山島年来記』にも「大波照間(島)」という記述が見られます。はたして、地図では確かめられないこの島は実在するのでしょうか。

 伝承では、ヤグ村のアカマリという男が、税を取り立てに来た役人を酒に酔わせて公用船を奪い、村人を連れて南波照間島に脱走したとあります。一方、琉球王府の記録である『八重山島年来記』には、1648年に波照間島平田村の農民450人ほどが重税から逃れるために大波照間という南の島に渡ったと書かれています。この二つの話は重なり合い、史実と考えれば南波照間島も夢想とばかりは言えません。実在する島だと仮定した場合、台湾島や台湾南東沖の緑島(火焼島)、蘭嶼島(らんゆうとう)、フィリピンのルソン島などではないか、と言われてもいます。1892(明治25)年、沖縄県知事は海軍省にパイパティローマを含む南島の探検要請を出しましたが、断わられました。また、1907(明治40)年には沖縄県が台湾東部の火焼島と紅頭嶼(蘭嶼島)を農民の脱走先と考え、県技手を2度に渡り派遣・探検させています。

 南波照間島に渡った農民たちが逃れたという税は「人頭税」のことです。人頭税は収入に関係なく15歳から50歳までの男女全員にかけられた悪税で、薩摩藩からの搾取による財政難に陥った琉球王府によって1637年から石垣島や宮古島などの先島(さきしま)の島々にかけられました。廃止は1903年、明治36年ですから先島諸島の人たちは長い間、圧政に苦しめられたことになります。人頭税は一般に「じんとうぜい」と呼びますが、先島の場合は「にんとうぜい」と呼ばれます。

 さて、南波照間島に逃亡した農民はその後どうなったでしょうか。数年後に南島に漂着した者がそこでアカマリに会い、「ここは人食い島なので、すぐに出て行け。帰っても島の場所は決して言わないで欲しい」と言われたという伝承もあります。また、八重山の島々はかつて密貿易を行っていたと推測し、実はアカマリらは意図的な行動として食料や物資を豊富に搭載した公用船を奪い、マラッカ方面に向かって航海したという勇壮な物語を語る人もいます。

連載コラム・日本の島できごと事典 その75《旧統一教会》渡辺幸重

雑誌『海洋真時代』に掲載された当初の「石巻田代島世界海洋村構想」

安倍元首相銃撃事件をきっかけに政治家と旧統一教会(旧・世界基督教統一神霊協会/現・世界平和統一家庭連合)の関係が問題になっています。旧統一教会は“宗教活動(カルト活動)”だけでなく、政治や経済、言論・報道、学術、ボランティアなどあらゆる分野で活動する団体・企業を作っており、その数は膨大です。教団の目的は、政治家を使って統一教会を日本の国教にしたり、世界各国の政治を動かすことだそうです。日本は霊感商法や高額献金、集団結婚式などで巨額の金を収奪する国とされていることもわかりました。2011年の東日本大震災のときには多くの旧統一教会ボランティアが被災地に入りました。統率がとれ、黙々と働くボランティア高く評価され、被災者の中には「津波で亡くなった夫の霊が霊界で苦しんでいる」と信じ込まされて高額献金を繰り返した人もいるそうです。福島第一原発事故の補償金を献金した被害例もありました。ここでは、旧統一教会関連の企業・団体によって宮城県石巻市の田代島(たしろじま)に復興プロジェクトとして持ち込まれた「海洋レジャー基地による地域起こし」の例を紹介します。 “連載コラム・日本の島できごと事典 その75《旧統一教会》渡辺幸重” の続きを読む

連載コラム・日本の島できごと事典 その74《寝屋子制度》渡辺幸重

答志島(鳥羽市HPより)

江戸時代には全国各地に「若者組(若衆組)」という地域教育の仕組みがありましたが、三重県鳥羽諸島の答志島(とうしじま)・答志地区には今でも「寝屋子(ねやこ)制度」と呼ばれる慣習が残っています。15歳の男子数名が寝屋親の家で寝泊まりする制度で、全国でも続いているのはこの地区のみではないかといわれています。2007(平成19)年2月に「答志寝屋子制度」として三重県の「記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財」に指定されました。

答志島は伊勢湾口に位置する島で、3つの漁村集落があり、海女漁も盛んです。答志地区では、男子が15歳になると5~10人ほどが1組となって家の広さや人柄などの条件によって選ばれた寝屋親の家の一室で集団生活をします。毎日、自宅で夕食をすませたあと寝屋に寝泊りし、朝には自宅に戻るという生活をするのです。寝屋子同士は実の兄弟のように絆を深め、寝屋親はときには相談相手ともなり、寝屋子が成人になれば酒もくみ交わすこともします。その中で若者は島で暮らす心構えやしきたりを覚えるのです。この生活はメンバーの誰かが結婚するまで続きます。寝屋子同士は「朋輩(ほうばい)」と呼ばれ、解散後も「朋友会(ほうゆうかい)」を結成して生涯親密な付き合いが続きます。寝屋親は生涯、実の親と同様に敬われ、寝屋子が結婚するときには仲人の一人になります。
かつては島の男子全員が寝屋子に入っていましたが、近年は長男に限られるようになり、寝泊まりも金曜日の夜だけ集まることが多くなったということです。寝屋子の期間も「中学を卒業すると始まる」「27歳で解散する」などの説明も見られるので状況によっては始まりと終わりの時期にズレがあるのかもしれません。

若者組の発祥についてははっきりしませんが、伊勢志摩地方の制度は九鬼水軍が船の漕ぎ手をすばやく集めるためにつくったという説があります。古くから漁業が盛んな答志島では大勢の人々が協力する作業が多いことから寝屋子制度が継続したともいわれ、それが後継者の定着につながっているといわれます。若者組制度は、鳥羽諸島の坂手島では「宿屋(とまりや)制度」として大正末期まで続き、同じ答志島の桃取地区では1960年頃に「寝屋子制度」が自然消滅したそうです。

古くからの慣習といえども現代に通じるものもあります。寝屋子制度が現代の教育理論から再評価され、教育問題を解決する新しい方法を提供してくれる可能性もあるのではないでしょうか。

連載コラム・日本の島できごと事典 その73《ホープスポット》渡辺幸重

ホープスポット認定記念看板除幕式(撮影:東恩納琢磨さん)

 

参考:辺野古周辺の3次元海底地図

沖縄島北部の東岸・辺野古(へのこ)崎の東方約0.7kmに無人島の長島があり、その南西約0.3kmにやはり無人の平島(ぴらしま)が浮かんでいます。これらの島は大浦湾南部に位置し、辺野古崎から沖合に延びるリーフ内にあります。米NGO団体「ミッション・ブルー」は2019(平成31)年10月、長島・平島を含め辺野古・大浦湾を中心とした天仁屋から松田までの海域44.5?を貴重な動植物が生息する地域として日本初の「ホープスポット」(希望の海)に認定しました。辺野古・大浦湾では絶滅危惧種262種を含む5,334種の生物が確認され、2006(平成18)年からの10年間でエビやカニなどの新種26種が発見されています。2022(令和4)年8月には、日本自然保護協会が大浦湾北西部の瀬嵩ビーチ(名護市)前に「ホープスポット認定記念看板」を設置し、玉城デニー知事らが参加して除幕式が行われました。実は、長島・平島と辺野古崎の間の海域を含む辺野古崎周辺は日本政府が米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設予定地とし、2017(平成29)年4月から2,500mの滑走路を持つ新基地建設を進めていますが、沖縄県や県内団体などの激しい反対運動が起こり、長島・平島の周辺海域でも連日のように監視船やカヌーなどで抗議する反対派の活動が続いています。ホープスポット認定は、貴重な自然を破壊する新基地建設に反対する意思表示にもなっています。
長島・平島の東側に広がるイノー(礁原)は沖縄島でも有数の海草藻場として知られ、海草を餌とする絶滅危惧種・国指定天然記念物のジュゴンの食痕もみつかっています。沖縄島側の大浦川河口にはマングローブと干潟がみられ、大浦湾周辺ではウミガメ類が産卵のために上陸し、湾内には世界的に貴重なアオサンゴも群生しています。長島にはサンゴ礫が付着して成長する石筍を持つ鍾乳洞があり、日本自然保護協会は国内初の事例として2014(平成26)年に公表しました。同協会は、辺野古周辺地域の数万年から十数万年にわたる海面変動に関連した自然史を解明することが期待されるとして、長島・平島での上陸調査を求めていますが、辺野古新基地を建設しようとする国は国有地である両島を同年から立ち入り禁止にしています。
沖縄ではジュゴンの絶滅が心配されています。アオサンゴ群も石垣島・白保と並んで世界に誇る存在です。これらは恵まれた環境の中でさまざまな生物との共生の中で存在が可能なのですが、新基地建設はその環境を破壊しようとしています。沖縄の軍事負担の軽減と合わせて世界的にも豊かな生物多様性を誇る南島の自然を守る問題は日本国民全体の課題と言えます。

 

載コラム・日本の島できごと事典 その72《粟島航路》渡辺幸重

Webに掲載されたビデオ「感謝のメッセージ」

四方を海に囲まれた島にとって定期船は命綱のような存在です。多くの“離島航路”が赤字操業のため離島振興法などによって国や地方自治体の助成を受けながら運営されています。それが2019(平成31)年に始まった新型コロナウィルスの流行によって利用客が激減し、窮地に追い込まれています。 “載コラム・日本の島できごと事典 その72《粟島航路》渡辺幸重” の続きを読む