アカンタレ勘太12-3《ダブルレインボー》文・画  いのしゅうじ

「勘太くん、ちゃんとすべれたがなぁ」
隆三のおとうさんはにっこりして、勘太の体をおこした。
タミちゃんは、勘太を見て安心したのか、浮きわにお尻をのせてサーとすべる。
「おもしろ~い」
タミちゃんのきんきんした声が山にこだました。
ユキちゃんも浮きわにのってつづく。
ひとまわりみんながすべったとき、イッ子せんせいが浩二につれられてやってきた。 “アカンタレ勘太12-3《ダブルレインボー》文・画  いのしゅうじ” の続きを読む

アカンタレ勘太12-2《すべり台の滝》文・画  いのしゅうじ

あしたから夏休み。
イッ子せんせいがちゅういする。
「あぶない水あそび、しちゃだめよ」
隆三が教室を出るとき、テッちゃんをつかまえた。
「滝ならええのとちがうか」
ぼくの家の裏山のおくや。人がひとり通るのがやっとの道を行くと、地元の人が「滑滝(なめたき)」とよんでる滝がある。
と隆三はいう。
「すべり台になりそうな滝なんや」
テッちゃんは勘太に声をかけた。
「おもしろそうや。あしたいっしょに行こ」
通りかかったユキちゃんが勘太をにらむ。 “アカンタレ勘太12-2《すべり台の滝》文・画  いのしゅうじ” の続きを読む

アカンタレ勘太12《キュウリ弁当》文・画  いのしゅうじ

 勘太のおかあさんがえがおを作って、北島八百屋のおくさんにペコペコしている。
「エイちゃんはすごい。エイちゃんをやとったおくさんはもっとすごい」
ちょうどエイちゃんがご用聞きからかえってきた。
「勘太くん、大丈夫ですか」
「勘太はね、どんなヘマをしてもさーっと忘れてしまう。アカンタレのええとこやね」
おかあさんはくすっとわらって、
「お礼に何がええやろか」
と、野菜をあれこれみまわす。
キュウリを手にとった。緑がつやつやしている。
「キュウリ五貫目(19キログラム)ちょうだい」
エイちゃんはそろばんをはじいて、
「130本くらいになります。そんなにたくさん、何にするんですか」 “アカンタレ勘太12《キュウリ弁当》文・画  いのしゅうじ” の続きを読む