徒然の章《「稲むらの火」の広川町を訪ねて》中務敦行

いなむらの火祭り

「稲むらの火」という言葉を聞いた方は多いと思う。地震(1854年12月23日朝)がおきた時、広村(現和歌山県・広川村)の人たちは津波を心配して、広八幡神社に避難し、被害がなかったことを喜び合った。全国で2~3000人が犠牲になった。安政の大地震と言われる大災害だ。 “徒然の章《「稲むらの火」の広川町を訪ねて》中務敦行” の続きを読む

徒然の章《花見三昧》中務敦行

コロナ2年の春は駆け足でやってきた。私は日頃頼まれている写真クラブや教室の撮影会も例会、写真展もほとんど中止、昨年以上のようだ。月に半分以上あった予定はほとんどがキャンセル。予定表に残ったのは病院の予約だけという有様。同窓会などの飲み会も平均月一回はあるのだが、これもゼロ。
今年は花も早く咲き、三月からサクラの満開の名所がいっぱい。この春はいっぱい花見をしてやろうとあちこち駆け回った。最近は早咲きで有名な伊豆の名花「河津ザクラ」も2月の終わり頃から咲き始め、京都競馬場近くの川沿いには並木が見事に生長して3月7日には満開だった。
奈良・東吉野村にある高見の郷は山林の杉やヒノキを切り出したあとに、しだれ桜千本を植えたもので、今は見事な花の名所になっている。オーナーが林業に見切りをつけ、植樹した木が大きく育ち桜の名所になったのだ。
日本中、桜の名所だらけだがこれらはほんの一部。コロナの年ならではの人出の少ない花見を楽しんだ。サクラのあともシャクナゲ、ツツジ、カキツバタ・・と楽しんでいる。

 

あれから10年《東日本大震災》中務敦行

気仙沼

東日本大震災から10年がすぎた。2月11日から宮城県気仙沼市を訪ねた。夕方、現地に着いて、旅館に入ると廊下で目を引いたのはふたつの柱時計。正確には時計だったものである。(写真左)

左側には東日本大震災に襲われた時刻、右の時計は津波が押し寄せた時刻を指している。

海に近いこの宿は流されることはなかったが、再建されて新しくなっている。翌朝、街を歩いた。すぐ隣には新しい集合住宅が建てられており、すぐ傍には「・・女子高校の跡地」という表示板がかかっている。今はそこには学校はない。 “あれから10年《東日本大震災》中務敦行” の続きを読む

徒然の章《コロナと付き合った一年》中務敦行

修学旅行や遠足の子供たちで賑っていた東大寺

今年はコロナで明け、コロナで暮れようとしている。例年通り、一月に二つのクラブの写真展を終え、2月からは撮影会の行脚が始まった。しかし感染が広がるにつれて、ほとんどのグループや企業の活動が停止、何もすることがなくなった。 “徒然の章《コロナと付き合った一年》中務敦行” の続きを読む

中務敦行写真展「塔のある風景」本日から開催

LAPIZONLINEで「徒然の章」シリーズでおなじみの中務敦行氏の写真展の案内です。
会場はこちら

 

  このたび、奈良・薬師寺東塔の修復工事が完了したのを機に写真展「塔のある風景」を開催いたします。会期中会場には毎日詰める予定です。コロナ禍の現在、どうか健康に留意されてお越し下さいますよう、よろしくお願いします。なお会期中は会場に詰めております。
                                        中務敦行

会場 富士フィルムフォトサロン大阪
〒541-0053 大阪市中央区本町2-5-7メットライフ本町スクエア1F
TEL 06-6205-8000
会期 2020年10月30日~11月5日 10:00~19:00
入場は終了時間10分前まで。最終日は14:00終了