百鬼夜行夜話 005「六道の辻と黄泉比良坂」片山通夫

0
黄泉比良坂(東出雲)

六道の辻と黄泉比良坂(よもつひらさか)。いずれもあの世(黄泉の国)とこの世(現世)との出入口である。六道の辻は京都・東山にある六道珍皇寺境内の井戸が小野篁にとっての閻魔庁への出入り口。黄泉比良坂は日本神話に出てきて、東出雲にあり、根の国(黄泉の国)との出入口。

六道珍皇寺境内の井戸

 

小野篁にしてもイザナギにしても自由にあの世へ行ったrこの世に帰ってきたりして、ほんと、自由人のごとくにふるまう。もっとも黄泉の国へ行ってきたいとは普通の人は思わないとは思う。

 

 

黄泉平坂  六道珍皇寺  スサノオ

0

百鬼夜行夜話 004「小野篁、閻魔庁でアルバイト」片山通夫

0
六道珍皇寺

 

小野篁が閻魔庁で夜な夜なアルバイト、つまり閻魔大王の補佐官のようなことをしていたことは前回書いた。彼が朝廷の館から閻魔庁へ行くには、「六道の辻」という辻を通って行った。その六道の辻は京都東山に今も実際に存在する。その場所こそあの世とこの世の分かれ道である。

 

 

“百鬼夜行夜話 004「小野篁、閻魔庁でアルバイト」片山通夫” の続きを読む

0

「百鬼夜行夜話 001」片山通夫

0

百鬼夜行夜話の最初は大江山に向かった。

鬼の交流博物館入口の鬼

大江(おほえ)山いく野の道の遠(とほ)ければ まだふみもみず天の橋立
訳:大江山を越え、生野を通る丹後への道は遠すぎて、まだ天橋立の地を踏んだこともありませんし、母からの手紙も見てはいません。有名な百人一首にある。しかしどうもここに出てくる大江山とは違うようだ。天橋立なんぞが出てくるし、てっきりと思ったが「丹波国桑田郡(現在の京都府西北部)の山。鬼退治で有名な丹後の大江山とは別。大枝山とも書く」とあった。(ややこしい) “「百鬼夜行夜話 001」片山通夫” の続きを読む

0