鬼夜行夜話 023「名田庄物語」片山通夫

0
古代中国で祀った北極星と北斗七星を信仰した星祭の場所(名田庄)

福井県おおい町に名田庄という集落がある。もとは名田庄村だった。この名田庄に陰陽道宗家安倍氏の子孫である土御門(つちみかど)家の遺跡が残っている。文献等の史料によれば、応仁の乱(1467)の戦火を避けて所領の当地(中世では名田庄上村)へひきこもり、この地で陰陽道及び、天文・暦・易の三道をつかさどっていたと伝えられる。安倍家は安倍晴明を祖とし、陰陽道・泰山府君を祀る安倍神道が成立したという。若狭とのかかわりは南北朝期の文和2年(1355)に泰山府君祭料として縫殿頭有世に当地を与えられたのが初現とされ(「土御門関係資料」宮内庁)、以後近世初頭まで存続した。有世は名田庄へ隠棲した有宣の曽祖父にあたる人物である。 “鬼夜行夜話 023「名田庄物語」片山通夫” の続きを読む

0

鬼夜行夜話022《伝説 信太の森の葛の葉》片山通夫

0

摂津国東生郡の安倍野(現在の大阪府大阪市阿倍野区)に住んでいた安倍保名(伝説上の人物とされる)が信太の森を訪れた際、狩人に追われていた白狐を助けてやるが、その際にけがをしてしまう。そこに葛の葉という女性がやってきて、保名を介抱して家まで送りとどける。 “鬼夜行夜話022《伝説 信太の森の葛の葉》片山通夫” の続きを読む

0

鬼夜行夜話 020「鵺の鳴く夜は恐ろしい 04」片山通夫

0

さすがの鵺も源頼政によって退治された。それでは退治された鵺はどこへ逃げたか、もしくはその遺体はどうなったのか興味の湧くところである。一つは兵庫県芦屋市。ここには鵺塚とその近くに鵺橋がある。今一つは大阪・都島の町中にある。 “鬼夜行夜話 020「鵺の鳴く夜は恐ろしい 04」片山通夫” の続きを読む

0