春の宵物語《初夏の香り》片山通夫

ライラックは東京だと5月に咲く花木で、葉はハート形、花は円錐形に小花が房咲きになり紫色、藤色、紅色、白色などの一重や八重の花をたわわにつけます。香りが良いので世界中で愛されている花木です。フランス語でリラ、和名はムラサキハシドイと呼ばれています。ハシドイは日本に自生する近縁種の落葉小高木のことです。  ライラックは冷涼な気候を好み、特に夏の夜温が下がる環境を好みます。そのため東北北部や北海道、本州の高原地帯が適地といえます。  ライラックは切り花としても流通しています。2月ごろから輸入物のライラックが流通し始め、国産のライラックは4~5月ごろに出回ります。切り花としての流通期間は短いですが、とても人気のある花です。
ライラック

春ももうすぐ去ってしまう。季節は初夏。夏に移る。
初夏の香りを集めてみた。
まず花。筆者は動植物や魚類などには全く知識がないが、ただ知っているだけの5月の花。それはライラック。フランス語でリラ。ライラックの属名のSyringa(シリンガ)はギリシア語で笛やパイプを意味するsyrinxに由来し、枝の髄の部分をくりぬいて管にし笛をつくって古代ギリシャでは羊飼いたちがライラックの笛を吹いていたそうです。トルコではこれをパイプにしていたとか。

ライラック全体の花言葉は、「思い出」、「青春の思い出」、「友情」、「純潔」。
紫色のライラックの花言葉は、「初恋」、「愛の芽生え」
白色のライラックの花言葉は、「青春の喜び」、「無邪気」

またイギリスの一部の地域では「ライラックを身につけると結婚できない」、「紫のライラックの花は縁起が悪いので家に持ち込んではいけない」などといういい伝えが存在していたらしい。

春の宵物語《行く春(ゆくはる) 晩春再び》

今まさに過ぎ去ろうとする春のこと。寒い冬の後に待ちわびた春。しかし瞬く間にその春は過ぎ去ろうとしている。そんな様を感じる。「春惜しむ」というと、さらに愛惜の念が強くなる。

季語としても多々歌われる。例えば
春の名残、春のかたみ、春の行方、春の別れ、春の限り、春の果、春の湊、
春の泊 春ぞ隔てる、春行く、徂春、春を送る などなど。

行はるや鳥啼うをの目は泪 芭蕉 「奥の細道」
行春にわかの浦にて追付きたり 芭蕉 「笈の小文」
とゝ川の春やくれ行葭の中 丈草 「丈草発句集」
ゆく春やおもたき琵琶の抱ごゝろ 蕪村 「五車反古」
ゆく春や鄙の空なるいかのぼり 白雄 「白雄句集」
行春やうしろ向けても京人形 渡辺水巴 「白日」
行く春や心の中の蓑一つ 長谷川櫂 「初雁」

春の宵物語《行く春(ゆくはる) 晩春》片山通夫

竹原・広島(イメージ写真)

過ぎ去ろうという春のことだ。晩春は「4月5日の清明から5月6日頃の立夏の前日」までということになってる。晩春は長い…? 二十四節気で見ると、5月上旬までが晩春と考えるのが良いようだ。
そこ行く春は夏を迎える時期のころと見える。初夏。春は長い冬が終わり、花が咲き鳥が啼くいわゆる陽春をイメージできるのだが、行く春は悲しい

 

春の宵物語《春の和歌》片山通夫

見渡せば柳桜をこきまぜて
都ぞ春の錦なりける

久方の光のどけき春の日に
しづ心なく花の散るらむ

桜花散りぬる風のなごりには
水なき空に波ぞ立ちける

あえて現代語には訳さない。今更・・・。

最後の和歌の「水なき空に波ぞ立ちける」とは「水のない空に花びらの余波がたっている」という意味だそうだ。つまり散った桜の花びらが空に漂ているというほどの意味なのか。
昔の人は難しい表現を楽しんだようだ。(古今和歌集より)