山城の国物語《第26代継体天皇 002》片山通夫

継体天皇生誕の地・滋賀県高島市

継体天皇誕生

小泊瀬(おはつせの)天皇(武烈天皇)は、若い頃恋に破れてひどい女性不信に陥り、女性に対しては悪逆非道の限りをつくした。妊婦の腹を裂いて胎児を見たり、女を裸にして馬と交尾させたり、そのため一生を独身で過ごすはめになり、当然一子ももうけることがなかった。即位から8年で武烈天皇は崩御し、その事で大和朝廷には一大事件が発生する。即ち、世継ぎがいないため王朝断絶の危機に陥ったのである。
重臣達は合議を開き、大連(おおむらじ)の大伴金村(おおとものかなむら)は、丹波の国桑田郡(現京都府北桑田郡・亀岡市あたり)にいる足仲彦(たらしなかつひこ:仲哀)天皇五世の孫である倭彦王(やまとひこのおほきみ)を迎えて皇位につかせようとしたが、王は整列して行進してくる兵士を見て狼狽し山中に逃げ去ってしまう。
そこで金村は物部鹿鹿火(もののべのあらかひ)大連、許勢男人(こせのおびと)大臣らと協議して、今度は越前の国三国(現福井県坂井郡三国町あたり)にいる誉田(ほむだの:応神)天皇五世の孫である男大迹(おおど)王(後の継体天皇)を迎える事にした。 “山城の国物語《第26代継体天皇 002》片山通夫” の続きを読む

山城の国物語《第26代継体天皇 001》片山通夫

最初にお断りしておくが、歴史にとても疎い。言ってみれば、ずぶの素人だ。その素人が継体天皇に関して書こうとするのだから、これはもう「妄想」いや「暴走」の域。つまり素人の思い付き(?)エッセーだとお考えいただければ幸い。とにかく無責任。

謎に包まれた継体天皇

継体天皇の実態はどうも謎の部分が多いと言われている。如何に血筋が大王(天皇)家の遠戚だとしても遠すぎる。こんな言い方は誠に失礼だと思うが、琵琶湖の北方、今でいう高島の生まれで越前の国育ち。当時の都は明日香。明日香から西に一つヤマを越えれば難波津、そのまま船で進めば九州、そして当時の文化の中心だった朝鮮半島がそこに見える。きっと琵琶湖や越前はとんでもない片田舎だったのかもしれない。・・・と思いきや、とんでもない国だった。明日香、平城(奈良)をうかがうのに遠からず近からずと程よい距離を保ち、琵琶湖の水運を利用すれば大軍を運ぶことも可能である。おまけに出雲の国とは指呼の間。かの大国主が古志の国から妃・沼河比売(ぬなかわひめ、奴奈川姫)を娶ったと古事記に記載されている。実際は略奪かもしれない。

さて継体天皇だが、決して大王家の跡取りでほんわかとした人生を歩んできたようではない。そしておよそ九州から東征してきた神武天皇の直系だと言えない素性である。父・彦主人王(ひこうしのおう)と母・媛(ふるひめ)の間に生まれたと日本書紀などでは記載されている。勿論日本書紀では両親とも天皇家の血筋であるとしっかりと記載されているのは言うまでもない。しかし、しかしである。現代のようにDNA鑑定でも出来れば話は簡単だが、そんなわけにもゆかない。知性が武力といずれが必要かと言えばこの時代、武力が先だろう。つまり地域の王たらんとすれば、まず武力が必要だった。周りを力で押さえつけるのである。

ただ不思議なことに生まれたところが現在の滋賀県高島市という湖北と言われるところだ。幼くして父を亡くし、母が自身の出身地である越前国高向(たかむく、現福井県坂井市丸岡町高椋)に連れ帰り、そこで育てられ、「男大迹王(おほどのおおきみ)」として5世紀末の越前地方や東海地方を統治していたと言われている。言い方は悪いがいわば田舎の豪族だったわけである。
神代の時代、大国主が出雲から遠征し越から沼河比売神(ぬなかわひめのかみ)を娶ったというエピソードが載っている。つまり神代の時代から出雲と越は近いのである。さすれば大した田舎ともいえないかもしれない。何しろ出雲王朝の王が大国主なのだ。

謎に包まれた半世紀

地方の豪族然としていた男大迹王であるが、記紀が伝える男大迹王の記録は、出生から幼少の頃、振媛が越前国に連れ帰るまでは詳細にあるが、次の記録は57歳の頃になっており、その約50年間の男大迹王及び振媛の記録はない。男大迹王は越前にとどまっておらず、父親の彦主人王の故郷の近江も行き来していたと思われる。つまり近江と越前を拠点にしていた。

その不明の半世紀だが筆者は朝鮮半島にも行き来していたのではないかと考えている。何しろ、越前の海や琵琶湖畔を行き来していたのだ。この時代はわが国との交流は実に盛んだったと見受ける。加耶からは鉄器、百済からは文字や仏教が伝えられた時代はこれより少し後の時代だった。
つまり継体天皇の前身・男大迹王がいつかは天下を取らんと百済などから様々な学問や技術などを積極的に学んだと考えても不思議ではない。
謎に包まれた半世紀は男大迹王の朝鮮遊学としたい。

思い起こせば高天原を追放されたスサノオは一旦新羅の国に降り立ったとも日本書紀に記載があった。その後出雲に渡ったとか…。出雲や越国は新羅や百済、加耶に近いのだった。日本書紀の「一書第4」では、天から追放されたスサノオは、新羅の曽尸茂梨(そしもり)に降り、この地吾居ること欲さず「乃興言曰 此地吾不欲居」と言い息子の五十猛神(いそたける)と共に土船で東に渡り出雲国斐伊川上の鳥上の峰へ到った(「遂以埴土作舟 乘之東渡 到出雲國簸川上所在 鳥上之峯」)後、八岐大蛇を退治した。また続く「一書第5」では、木がないと子が困るだろうと言い、体毛を抜いて木に変え、種類ごとに用途を定め、息子や娘に命じて全国に植えさせたという。

このスサノオのエピソードを、帝王学としてかの国で学んだ男大迹王は「機を見て待つ」ことを学んだのだと思う。

春の宵物語《初夏の香り》片山通夫

ライラックは東京だと5月に咲く花木で、葉はハート形、花は円錐形に小花が房咲きになり紫色、藤色、紅色、白色などの一重や八重の花をたわわにつけます。香りが良いので世界中で愛されている花木です。フランス語でリラ、和名はムラサキハシドイと呼ばれています。ハシドイは日本に自生する近縁種の落葉小高木のことです。  ライラックは冷涼な気候を好み、特に夏の夜温が下がる環境を好みます。そのため東北北部や北海道、本州の高原地帯が適地といえます。  ライラックは切り花としても流通しています。2月ごろから輸入物のライラックが流通し始め、国産のライラックは4~5月ごろに出回ります。切り花としての流通期間は短いですが、とても人気のある花です。
ライラック

春ももうすぐ去ってしまう。季節は初夏。夏に移る。
初夏の香りを集めてみた。
まず花。筆者は動植物や魚類などには全く知識がないが、ただ知っているだけの5月の花。それはライラック。フランス語でリラ。ライラックの属名のSyringa(シリンガ)はギリシア語で笛やパイプを意味するsyrinxに由来し、枝の髄の部分をくりぬいて管にし笛をつくって古代ギリシャでは羊飼いたちがライラックの笛を吹いていたそうです。トルコではこれをパイプにしていたとか。

ライラック全体の花言葉は、「思い出」、「青春の思い出」、「友情」、「純潔」。
紫色のライラックの花言葉は、「初恋」、「愛の芽生え」
白色のライラックの花言葉は、「青春の喜び」、「無邪気」

またイギリスの一部の地域では「ライラックを身につけると結婚できない」、「紫のライラックの花は縁起が悪いので家に持ち込んではいけない」などといういい伝えが存在していたらしい。

春の宵物語《行く春(ゆくはる) 晩春再び》

今まさに過ぎ去ろうとする春のこと。寒い冬の後に待ちわびた春。しかし瞬く間にその春は過ぎ去ろうとしている。そんな様を感じる。「春惜しむ」というと、さらに愛惜の念が強くなる。

季語としても多々歌われる。例えば
春の名残、春のかたみ、春の行方、春の別れ、春の限り、春の果、春の湊、
春の泊 春ぞ隔てる、春行く、徂春、春を送る などなど。

行はるや鳥啼うをの目は泪 芭蕉 「奥の細道」
行春にわかの浦にて追付きたり 芭蕉 「笈の小文」
とゝ川の春やくれ行葭の中 丈草 「丈草発句集」
ゆく春やおもたき琵琶の抱ごゝろ 蕪村 「五車反古」
ゆく春や鄙の空なるいかのぼり 白雄 「白雄句集」
行春やうしろ向けても京人形 渡辺水巴 「白日」
行く春や心の中の蓑一つ 長谷川櫂 「初雁」