Lapiz2019夏号「とりとめのない話」中川眞須良

Walking(ウォーキング)

 この言葉・国語辞典では「歩くこと・特に健康増進や運動のために歩くこと」・英和辞典では「散歩・バイキング・競歩など」と
簡単に解説しているが我々の日々日常生活の中で、この行動の広さは無限です。
個人・グループ・法人が企画、開催する多種多様な「歩く催し」が全国で数多く行われている昨今、ここで以前私が参加した少しユニークな、思い出に残る「歩く催し」の一つを紹介しましょう。

                記

1 主催 (財)全国青少年交流協会
1 名称 「全国33キロメートル飲まず食わず勝ち歩き大会・大阪大会」
1 場所  淀川河川敷
       スタート 大阪西中島南方、河川敷
       ゴール  京都山崎、日立製作所グランド
1 概要  ・当日、スタート会場で参加申込み、
     ゼッケンを受け取る
      ・条件、スタートからゴールまで飲まず食わず、走らず
      ・スタートから10キロメートル地点まで、数人の先導員がつく
      ・途中、二カ所のチェックポイント(救急担当員待機)
      ・ゴールにて、テント内に医療班完備(救急車待機)
      ・完歩者全員に「完歩証明書」交付
      ・参加人数  300から400人以上

1 参加者との途中の短い会話
      ・会社の同僚か、にぎやかにしゃべる3~4人の男性グループ・「頑張って下さい、お先に行きます」
      ・ペット(犬)と一緒に一人参加の中年女性
         「もっとゆっくり、まっすぐ歩きなさい」と2、3度繰り返しながら、、
      ・普段着(ブレザーに黒の革靴)のまま、ラジオを聞きながら、こちらも一人参加の中年男性「軽い服装ですねぇ、、」の私の問い掛けに、全く の無言、無視
      ・揃いのユニフォーム姿の女子高生らしい7,8人のグループ
         「女子校のバレーボール部、一年生です、全員強制参加です」お互い、「こんなの聞いてなかったよねえ、、」
      ・京都市内の同じクラブの大学生数人
         「5時間半を切れなかったら大変、来年も参加さされます」
         私に、学校名・クラブ名を聞く余裕なし
      ・第2チェックポイント(25キロメートル地点)の参加者と係員の会話
         参加者、、「靴擦れで足がいたくてもう限界」
         係員、、「ハンケチを靴の底に敷けば楽ですよ、ゴール後、治療を受けてくださいね、はい、頑張って・・・」
      
 この第2チェックポイントあたりから、のどの渇き、空腹、疲労などから会話はほとんどなくなり、ペースもスロウダウン、私も足腰の痛みを必死でこらえながら、「ゴールまであと1キロメートル」の表示地点で時計を見ればすでにスタート後、5時間を少しすぎていた。その地点からゴールまでのことは「苦しかった」以外なにも記憶にない。しかしゴール後の2つの記憶だけは鮮明だ。
それは全員に配られた小さな一つの牛乳パックの味、最高。もう一つはトップの人と、そのタイムだ。なんと私より約、2時間も速い3時間13分、元オリンピック競歩選手であったとか・・・・・。

今もどこかでこの様な楽しい?「歩く催し」が開催されているのでしょうか。

お知らせ「歴史の街を行く」:Lapiz編集室

 歴史の街を行く「出雲王国」スサノオ追跡 第一回 は Lapiz2019夏号に掲載中!

 この続きは当ホームページで随時連載してゆきます。そしてLapiz2019秋号でここで掲載した全編をまとめて掲載する予定です。

 スサノオ追跡  第二回  は7月中旬から掲載予定ですので、ご期待ください。

歴史の街を行く 出雲王国《スサノオ追跡 -1- 》片山通夫

スサノオ

島根県の出雲地方には古代から壮大な神話が残っている。その出典は古事記と日本書紀、所謂「記紀」である。
 その特筆すべき神がスサノオである。

 古事記には、神産みにおいて伊邪那岐命(イザナギ)が黄泉の国からほうほうの体で帰還し、筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原で禊を行った際、天照大御神、月読命に次いで鼻を濯(すす)いだときに産まれた男神である。

 スサノオは建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)というのが正式名のようだ。そして素戔男尊、素戔嗚尊、須佐乃袁尊、神須佐能袁命、須佐能乎命などと異名をもつ。
 ここでは便宜上スサノオと呼ぶこととしたい。

 アマテラスは天界を、ツキヨミは夜の世界、そしてスサノオは大海原を治めるよう言われるがスサノオは母神のいる黄泉の国へ行きたいと願った。
 その黄泉の国への入口は島根県東出雲町の「黄泉比良坂」(よもつひらさか)であるとされる。
「黄泉比良坂」は 黄泉(よみ)の国(あの世)と現世の境界とされ、古代出雲神話の中で、イザナギ(伊邪那岐)命が先立たれた最愛の妻イザナミ(伊邪那美)命を慕って黄泉の国を訪ねて行かれるその入口が、黄泉比良坂(よもつひらさか)であると伝えられている。古事記ではこの地を出雲国の伊賦夜坂(いふやざか)であるとしている。
 次にこの地に伝わる黄泉比良坂物語を松江観光協会のHPから紹介したい。

なおこの続きは7月中旬から順次掲載を予定しています!
       

黄泉比良坂

古事記や、日本書紀にあるこの神話を分かり易く、また古老の言い伝え等をまじえて、この物語としたい。

 男神イザナギの命、女神イザナミの命の二神は、天つ神の「お前たち二人心を合わせて国土を生み、もろもろの神々を生んで、天の下の国と神々を立派に作るように」との仰せに従い、オノコロ島に立って、淡路、四国、隠岐、九州、壱岐、対馬、佐渡、本州といわゆる大八洲の国土を作られ、次にはその国に住む様々な神々をお生みになり、最後に火の神をお生みになったが、この時イザナミの命は女の大切な女陰を焼かれてお亡くなりになった。

 イザナギは亡くなった妻のイザナミに逢いたくて、あとを追いかけて黄泉の国へ行かれた。しかしここは死者だけのいる国であった。イザナギは大声で「我が最愛の妻イザナミよ。お前と二人で作った国はまだ作りおえておらぬ。早く還ってほしい」といわれた。けれどもイザナミは「それは残念でした。もっと早く迎えに来てくださったらよかったのに。私はもう黄泉の国の食べ物を食べてしまいました。でもあなたがわざわざ迎えに来てくださったので、何とかして還りたいので、黄泉の国の神々に相談してみましょう。しかし私が返事を申し上げるまでは絶対に来られてはいけませんよ」と消えて行かれた。イザナギは待てども待てども返事がないので、とうとうしびれを切らし約束を破って真っ暗な黄泉の国へ入り、髪にさした櫛の歯を一本折ってそれに火をつけあたりをご覧になった。そこには体中に蛆のわいたイザナミの体が横たわっており、体の八か所には雷が生まれふた目と見られぬひどい姿であった。

 驚いたイザナギは恐ろしくなって一生懸命逃げ還ろうとされた。ところがイザナミは「あれほどここへ来られぬようにと約束したのにそれを破って、私に辱をお見せになった」と大へん怒り、黄泉の国の魔女たちを使って大勢が追いかけた。追われたイザナギは、髪の飾りにしていた木の蔓を投げたら葡萄がなったり、櫛の歯を折って投げたら筍が生えた。魔女たちがそれを食べている間に逃げられたが、今度は黄泉の国の魔軍たちが大勢追いかけてきた。イザナギは黄泉比良坂の坂本まで逃げたところに折よく桃の木があり、その桃の実を投げつけてやっと退散させることが出来た。そこでイザナギは「お前が私を助けたように、この葦原の中つ国に暮らしている多くの人たちが苦しい目にあった時には助けてやってくれ」と仰せられオホカムヅミの命という名を、桃の実につけられた。

 けれども最後にはイザナミ自身が追いかけてこられたので、イザナギは黄泉比良坂にあった大きな岩(千引の石)で道をふさいでしまわれた。その岩を中にしてイザナミは「あなたが約束を破ってこんな目にあわされたから、もう私はあなたの国へは還らない」といわれた。イザナギは「私は今でもお前が恋しくてならない。けれどもそんなに腹が立つなら仕方がない。別れることにしよう」とお互いに別離のことばを交わした。イザナミは「あなたがこんなことをしたからには、これから後あなたの国の人間を毎日千人ずつ殺す」といわれた。イザナギは「お前がそんなことをするなら私は毎日千五百の産屋をたててみせる」と仰せられた。そのようなわけで日本の人口は増えるといわれている。

 このイザナミの命を黄泉津大神と申し、今の揖夜神社の祭神である。

 このように記紀などからみると夫婦喧嘩の神であり、イザナミの命は不幸な神であったようにも受けとられるが、神は人間社会の不幸を救う存在として奉ったもので、神話の意図するものは夫婦仲良くすること、また女性は出産という大役を持つもので、産後が悪くて早く他界されたイザナミの命は女性の守り神となり後世あがめられた。今の揖夜神社の元宮は五反田にあり特に女性の諸病にはご利益があったと伝えられている。また桃の実の神オホカムヅミの命とは黄泉比良坂東方の山の上にある荒神森のことではなかろうか。

イザナミが黄泉の国に隠れた後をつけて通った谷を、今もつけ谷(付谷)といい、山坂道を追っかけ上がった
坂を追谷坂(大谷坂)とよばれている。その峠には塞の神(道祖神)が祀ってあり、そこを越した所がヨミジ谷であって、ここに神蹟伝説の碑が建っている。この碑から西に行けば前記の付谷を渡り山越えして五反田、そこから勝負を越して須田方面に向かう。東方に行けば中意東越坂から、馬場に出て雉子谷を越えて高丸から安来市の岩舟方面に通じる。南方には山の峯道より上意東から荻山(京羅木山)や星上山に通じたのが大昔の道であったとは古老の語りぐさである。(比良坂神蹟保存会)

続く

Lapiz2019夏号 神宿る。「杉の大スギ」:片山通夫

 なんでも須佐之男命(スサノオノミコト)の御手植えだそうな。だから3000年の歴史を誇る日本一の大杉である。

この「杉の大スギ」は、それぞれ南大杉、北大杉と呼ばれる二株の大杉からなっており、二株が根元で合着している 。 北大杉は根元の周囲が約16.5メートル、樹高が約57メートルあり、昭和27年に国の特別天然記念物に指定された。所在地の大字が「杉」であるので「杉の大スギ」と呼ばれている。同県出身の詩人・大町桂月は「千早振る 神代の昔しのばれる 雲井にあおぐ 二本の杉」と詠んだ。それほどの巨木である。

所在:高知県大豊町 八坂神社境内

Lapiz2019夏号《びえんと》Lapiz編集長 井上脩身

住民の思いこもる大島憲法  

―平和と主権在民を掲げて―

現憲法公布前の伊豆大島

 今春、伊豆の大島を旅した。勤めていた東京の民放を定年前に辞めて島に移住した学生時代の友人を訪ねるためだった。友人と三原山の頂上から下山中、彼から思いがけない話を聞いた。戦後、この島で独自の憲法草案がつくられた、というのだ。新聞で報じられた、と友人は言ったが、私は知らなかった。現在の憲法が1947年に施行される前に、島の人たちは自分たちの憲法を持とうとしていた、ということのようである。そうであるならば、戦争で塗炭の苦しみに遭ったこの国の民衆は、真に国民のための憲法を望んでいたことの証左であろう。それは現憲法が決して押し付け憲法でないことの傍証にもなるだろう。と考えて旅から帰るとさっそく調べてみた。

民主主義精神のっとる

 名古屋学院大の榎澤幸広氏が2008年、大島でさまざまな調査を行い、13年、『伊豆大島独立構想と1956年暫定憲法』として論文を発表(名古屋学院大学論集社会科学編第49巻第4号)。論文はインターネット上で公開されている。友人が教えてくれた憲法草案は正しくは「大島大誓言」。「大島憲法」と通称されている。本稿でも大島憲法と呼ぶ。その大島憲法が作られるまでのプロセスの概要を榎澤論文にそってまず述べておきたい。
 大島は終戦時、元村など六つの村からなり、人口は1万1000人だった。ポツダム宣言で「日本国ノ主権ハ本州、北海道、九州及四国並ニ吾等ノ決定スル諸小島ニ限定セラレルヘシ」とされたことから、伊豆諸島の島民たちのなかで「米軍の信託統治下になるのでは」とのうわさが広がった。結局はうわさに過ぎなかったが、こうした混乱のさなか、柳瀬善之氏が元村村長に就任。46年1月、六カ村の村長会が開かれ、「島民一丸となって強力な団体活動をする」ことで意見が一致。2月、村長のほか金融機関の人々も加わって合同協議会が開催され、「大島の最高政治会議のようなもの(をつくり)、島内在住民の総意により民主主義の諸施策を自治的に行い、島民生活の安定をはかり、世界平和に寄与する」ことを申し合わせた。
 これを受けて、同年2月末から3月中旬にかけて「大島島民会(仮称)設立趣意書」が作成された。そこには①軍国主義の跳梁や誤った指導方針が悲惨な結果を招いた②われわれもそれを日本の真使命だと過信した結果、大島の現在につながった③理想の平和郷を建設し、世界平和に貢献する④住民が一糸乱れず民主主義の精神にのっとり、自らを律し生活の向上を図る⑤米軍と協力して世界平和建設に力を尽くせば、必ず文明人としてとり扱われる――などの決意がこめられた。
 設立趣意書に併せて「大島々民会規約(案)」が作成された。ここでは、その目的として「民主主義ノ精神ニ則リ大島在住民ノ総意ニヨリ関係スル事業ヲ遂行スルモノトス」と掲げ、住民総意による民主主義をうたいあげた。
 こうして大島憲法作成への素地ができあがった。その作成に関わったのが共産党員であった大島の大工、雨宮政次郎氏と、大島で『島の新聞』を発行した高木久太郎氏だ。
 榎沢氏は、日本共産党が45年11月につくった「主権は人民にある」など7項目からなる『新憲法の骨子』
を雨宮氏は見ただろうと推察。一方高木氏については、『島の新聞』に「悪助役、醜い市議、不良吏の東京市、東京都編入も考へものだ」「村会とは議員各自の個性を発揮する處に非ず。村民大衆の総意を反映」などと書いていることから、地方自治への意識が高かったと、とみる。

前文と3章23条で構成

 大島憲法が作成されたのは1946年1~3月とみられている。すでに触れたように、正式名称は「大島大誓言」。「本島ノ激変ニ会シ其ノ秩序ヲ維持シ進ンデ島勢ノ振起ヲ図ルニハ基本法則タル大島憲章ヲ制定スルヲ以テ第一義ト思料スル」として、前文と3章23条から成る規定をもうけた。以下はその抜粋である。
大島大誓言
吾等島民ハ現下ノ情勢ニ深ク省察シ島ノ更生島民ノ安寧幸福ノ確保増進ニ向ッテ一糸乱レザル巨歩ヲ踏ミ出サムトス
吾等ハ敢テ正視ス、吾等ハ敢テ甘受ス、吾等ハ敢テ断行ス
仍テ旺盛ナル道義ノ心ニ徹シ万邦和平ノ一端ヲ負荷シ茲ニ島民相互厳ニ誓フ
一、 近ク大島憲章ヲ制定スベシ
一、 暫定措置トシテ左記ノ政治形態ヲ採用シ即時議員ノ選挙ヲ行フベシ
一、 当分ノ間現在ノ諸機関ハ之ヲ認ム

大島政治形態
第一章 統治権
一、大島ノ統治権ハ島民ニ在リ
二、議員選挙有資格ノ二割以上ノ要求ニヨリ議会ノ解散及執政府ノ不信任ヲ議員選挙有資格者 投票ニ付スル事ヲ得
 此ノ場合及議会若ハ執政府ヨリ発セラレタル賛否投票ハ総テ多数決ヲ採用ス
第二章 議会
三、島民ノ総意ヲ凝集表示スル為メ大島議会ヲ設置ス
四、議会ハ一切ノ立法権ヲ掌握シ行政ヲ監督ス
五、議員ノ任期、三ケ年
六、議員ノ選挙方法ハ衆議院選挙法ノ主意ヲ採用ス
七、(略)
八、議会ハ議長之ヲ招集ス
九、議長副議長ハ議員ノ互選ニヨル
一〇、議会ニ於ケル議員ノ言論ハ議会外二於テ責ヲ負ハズ

一一、(略)
一二、(略)
一三、議会ハ必要ト認ムルトキハ島民ヲ招致シ其ノ意見ヲ聴取シ得ル事
一四、議会ハ執政府ノ不信任ニ関シ有権者ノ投票ヲ要請スルコトヲ得
第二章 執政
一五、島民ノ総意ヲ施行シ島務一切ヲ処理スル為メ四名ヨリ成ル執政ヲ設置ス
一六、執政ハ連帯責任トシテ島務一切ニ付其ノ責ニ任ズ
一七、任期ハ三ケ年
一八、執政長ハ執政ノ互選ニヨリ定ム
一九、執政長ハ島ノ首長トシテ内外ニ対シ島ヲ代表ス
二〇、執政ハ議会之ヲ推薦シ議員選挙有資格者ノ賛否投票ニ依リ選任ス
二一、執政ハ議会ニ対シ予算決算案及び其ノ他ノ議案ヲ提出シ其ノ審議ヲ求ムベシ
二二、(略)
二三、執政ハ議会ノ解散ニ関シ有権者ノ投票ヲ要請スル事ヲ得
「欠ケテル点ハ司法権」(「」内は後の書き込み)

国民の願いの具体化

 大島憲法が作られて8カ月後の46年11月、日本国憲法が公布された。すでに述べたように大島は日本の領土として認められ、暫定だった大島憲法を現実化する必要がなくなった。やがてその存在は忘れられたが、大島で教員をしていた文化財保護委員の藤井伸氏が原本を発見、1997年1月7日付で朝日新聞が報じ脚光を浴びるようになった。
なかでも注目されたのは前文で「万邦和平ノ一端を負荷シ」と平和への思いを強くうたいあげたことだ。同紙の報道に際し、憲法学者の古関彰一氏は「思わぬ危機に直面したとき、自分たちがどう生きていくかを模索し、持てる知恵と知識のすべてを生かして憲法を作ろうとしたことはすごい。法律は必要とする人が作る。それは専門家でなくともできるのだ、ということを見せてくれる」とコメントを寄せた(榎澤論文)。その古関氏は著書『平和憲法の深層』(ちくま新書)の中で「敗戦後の日本人が多くの苦難を償いつつ自信をもって精神の平和を得て明るく生き始めていた」と、現憲法ができる背景として日本人が強く平和を求めていたことを強調している。そうした当時の国民の思いを具体化したのが大島憲法といえるだろう。
一方、大島憲法は第1条で「大島ノ統治権ハ島民ニ在リ」としていることを重視したい。明治憲法の第1条は「大日本帝国ハ万世一系ノ天皇之ヲ統治ス」と天皇統治を掲げている。これに対し現憲法の第1条は「(天皇の象徴の)地位は、主権の存する日本国民の総意に基く」と、主権在民を規定している。大島憲法をつくった人たちにとって憲法といえば明治憲法しかなかった。したがって明治憲法の規定を下敷きとしながらも、天皇統治主義から島民統治主義に変えようとしたことは明白だ。この「島民統治」は現憲法が「主権在民」をうたいあげるに至るプロセスの一つとみることができる。
 大島憲法にも問題はある。この憲法の元でもある「大島島民会(仮称)設立趣意書」に「米軍と協力して世界平和建設に力を尽くせば、必ず文明人としてとり扱われる」としていることだ。米軍が平和をもたらしてくれた、という素朴な島民の思いから生まれた発想だろう。今から見れば悲しい錯誤というほかない。

 
「押し付け」でない証拠

 2014年5月、大島憲法の原本が行方不明になっている、と朝日新聞が報じた。戦後の日本人の憲法への思いを示す貴重な史料が失われたことはかえすがえす残念である。
 だが、この報道がかえって大島憲法が見直されるきっかけになったことも事実だ。
2017年、東京・調布市の郷土史家の古橋研一氏が『幻の大島憲法草案』と題する280ページの冊子を作製した。古橋氏は国会図書館で元村の旬間広報紙「もとむら」の2号(46年2月25日発行)~第8号(同年9月15日発行)の写しを見つけた。そこには6村長らでつくる準備委員などに関する記述があったことから、さまざまな資料をまじえて冊子にまとめた。毎日新聞が17年月4月26日付都内版で報道。記事によると、古橋氏は大島憲法について、「日本共産党の新憲法の骨子」と共通点があるとしながら、「骨子の理念を取り入れ、独自の憲法草案を作った」と結論。「GHQと関係のない素人が作った憲法草案が、現行憲法に通じる主権在民や平和主義をうたっている。戦争から学んだ当時の一般国民がこうした考えをもっていたことが分かる」と評価しているという。
 同じ17年月、東京新聞が「大島大誓言が教えるもの」と題して①主権在民を掲げ、リコール制も盛り込んでいる②戦前、大島では自治権や公民権を制限する「島嶼町村制」という差別的な制度が敷かれていた③こうした状況を反面教師とした――などとして「大誓言の存在は、明治から昭和にかけて数多くつくられた私擬憲法とともに、平和主義や主権在民が、日本人が自ら考え出した普遍的結論であることを教えてくれる」と論評した。
 今年7月、東京・紀伊國屋サザンシアターで青年劇場「みすてられた島」が公演される。大島憲法から構想を得て、突然本土から独立を言い渡された架空の島の混乱を描くもので、中津留章仁演出。大島憲法そのものが直接のテーマではないが、島の人たちが「独立となれば憲法を作らねば」とかんかんがくがくの議論をする、というストーリー。憲法とは何なのか、を考えるうえでの一つの素材の提供になりそうだ。
 安倍晋三首相は「現憲法はアメリカからの押し付け憲法」として、在任中に改変への道筋をつけようと政治生命をかけるなか、以上みたとおり大島憲法がクローズアップされている。現憲法は国民が求める憲法であったからにほかならない。