2018春号《 breath of CITY》北博文

めぐりめく変化する都市光景を一期一会として感じるままに
ファンインダーのフルフレームで切り撮っています。
人間が利便性を探求して作り上げた都市が今や独自に生きる術を
得たかのように朝・昼・晩と表情を変えながら人の心を揺さぶり
その反応を眺めているかの様な虚実的な都市の空気感を撮らえて
行きたいと思っています。

2018春号《中川眞須良のとりとめのない話》

 《ほんとうのダイヤ》
JNR(日本国有鉄道)は平和であった、
それとも苦労していた?

昔の鉄道ファンは哀愁列車として、現役ファンは歴史の一ページとして聞き流していただければ幸いです。
それは国鉄が民営化される(JNR→JR)さらに20年近く前の話。
関西の国鉄に信じられない定期ダイヤが二便あったとする記憶である。今般幸いに当時の時刻表を入手できたので、その二便を比較することで紹介する。(写真右)
始発時の平均乗車率(私的)約80%以上、南紀3号は30%以下。天王寺⇔新宮間の所要時間は普通列車(列車番号914)の方が短い。当然「列車番号310Dのダイヤ設定の意図は・・・?」の疑問が生じる。当時天王寺鉄道管理局職員と名乗る人物から「あれは翌日の列車手配のための苦肉の策です。回送にすれば運賃は取れませんし・・・列車ホテル気分で利用しているお客さんもいました」との話を耳にしたのは、私が310D乗車後20年以上過ぎてからだ。

2018春号《宿場・東海道 小田原宿》Lapiz編集長 井上脩身

小田原提灯ぶら下がる街

~お猿のかごやに思いはせ~
 昨年秋、箱根の足柄山に登るため、JR小田原駅に降りた。ホームを歩いていると、童謡『お猿のかごや』のメロディーが聞こえる。♪エッサ エッサ エッサホイサッサ――。子どものころ何度か聞き、うたった。懐かしくなって口ずさむ。「小田原提灯ぶらさげて」。小田原提灯で何だろう、お猿のかごやはだれを乗せてどこへ行こうとしているのだろうと、子ども心に不思議に思ったものだ。あれから60数年がたつ。今になって解明したいと思った。小田原は東海道の宿場だった。宿場と何か関係があるのだろうか。1月下旬、かつてに小田原宿を訪ねた。 “2018春号《宿場・東海道 小田原宿》Lapiz編集長 井上脩身” の続きを読む

2018春号《びえんと 新米記者の赤軍派事件》Lapiz編集長 井上脩身

新米記者の赤軍派事件
――よど号事件に思う――
私は大阪の大手デパートの文化教室で、文章講座の講師をしている。今年1月の講座で、Oさんが「針の莚」と題するエッセーを書いた。ある赤軍派事件の実行犯の母親の辛さ、悲しさに思いを寄せてつづった一文だ。赤軍派によるよど号事件が起きたとき、わたしは新聞社で新人研修を受けている最中だった。講義では刻々と動く事件の様相がそのまま教材になり、新聞社の仕事がいかに時間との闘いであるかを、否が応でも実感した。講義が終わると飲み会になった。話題は当然よど号事件。「北朝鮮が本当に幸せな国なのだろうか」と、その場にいたベテラン記者に問いかけたことを覚えている。平昌オリンピックに北朝鮮が参加し、女子アイスホッケーでは合同チームが組まれた。韓国、北朝鮮双方の政治的思惑が一致した一時的融和との見方が強く、民族統一への道のりは遠い。ハイジャック犯たちが北朝鮮に行く意味は何だったのか。あと2年でよど号事件から半世紀になる。 “2018春号《びえんと 新米記者の赤軍派事件》Lapiz編集長 井上脩身” の続きを読む