連載コラム・日本の島できごと事典 その66《のがれの島》渡辺幸重

「のがれの島」の碑(奥武島)

1927(昭和2)年、青木恵哉(けいさい)は熊本・回春病院から派遣されて沖縄にやってきました。キリスト教を伝道しながらハンセン病患者救済のための療養所開設を目指したのです。青木徳島出身のキリスト教宣教師で、みずからもハンセン病を患っていました。 “連載コラム・日本の島できごと事典 その66《のがれの島》渡辺幸重” の続きを読む

Lapiz22夏号INDEX

あとがきで夏号はすべて掲載しました。

INDEXは6月のカレンダーの日付で当日の記事に飛びます。またLapiz Vol.42 記事という項目やLapiz2022夏号Vol.42という項目でも検索できます。

 

Lapiz22夏号 あとがき《一人寝の子守歌》片山通夫

重信房子 ベイルートで筆者撮影

Lapiz22夏号の最後に・・・。

先月のことだった。日本赤軍の最高幹部だった重信房子が出所したというニュースに触れた。
もう半世紀以上前になるが、筆者は彼女に会ったことがある。場所はレバノンの首都・ベイルート。当時の筆者は所謂ノンポリと言われていたグループに属していたと自認する。学生運動が日本中を駆け巡っていたがおよそそれらに参加することはなかった。彼女に会ったのは日本赤軍のメンバーがテルアビブ空港で乱射事件を起こした前年だったと記憶する。日本でも大きな衝撃をもってこの事件は受け止められた。

その首謀者の一人で重信房子はテロ事件には直接参加していなかったが、一躍彼女の名は全国にとどろいた。
「国際テロの魔女」とも呼ばれた彼女は、筆者があった時には穏やかな女性だった。
彼女は何も答えてくれなかったが、ただこう筆者に教えてくれたことがある。
加藤登紀子さんが歌っている《一人寝の子守歌》って知っています?あの歌詞の2番、私が考えたのよ」
後で調べてみたら《天井のネズミが歌ってくれるだろう・・・
国際テロ事件を起こしパレスチナで活動した彼女はこの歌を幾度となく口ずさんでいたことだろうと思われる。もちろん事実かどうかはわからない。

ノンポリ:英語の「nonpolitical(ノンポリティカル)の略で、政治運動に関心が無いこと、あるいは関心が無い人。 そのような集団をノンポリ層とも呼ぶ。 元は1960 – 70年代の日本の学生運動に参加しなかった学生を指す用語である。

テルアビブ空港乱射事件:1972年5月30日にイスラエルのテルアビブ近郊都市ロッドに所在するロッド国際空港で発生した、パレスチナ解放人民戦線が計画し、アラブ赤軍3名が実行したテロ事件。