百鬼夜行夜話 007「平安時代という切り口」片山通夫

源氏物語

平安時代というと、平安文学ともいえる作品が多数ある。いわゆる王朝文学であり優雅な貴族社会が描かれている。遣唐使による大陸からの文化に加えて日本独自の文化が花開きいわゆる寝殿造りという池や広い庭があるとてつもなく優雅な生活だったことがうかがえる。 “百鬼夜行夜話 007「平安時代という切り口」片山通夫” の続きを読む

中務敦行写真展「塔のある風景」本日から開催

LAPIZONLINEで「徒然の章」シリーズでおなじみの中務敦行氏の写真展の案内です。
会場はこちら

 

  このたび、奈良・薬師寺東塔の修復工事が完了したのを機に写真展「塔のある風景」を開催いたします。会期中会場には毎日詰める予定です。コロナ禍の現在、どうか健康に留意されてお越し下さいますよう、よろしくお願いします。なお会期中は会場に詰めております。
                                        中務敦行

会場 富士フィルムフォトサロン大阪
〒541-0053 大阪市中央区本町2-5-7メットライフ本町スクエア1F
TEL 06-6205-8000
会期 2020年10月30日~11月5日 10:00~19:00
入場は終了時間10分前まで。最終日は14:00終了

 

 

百鬼夜行夜話 006「六道の辻異聞」片山通夫

幽霊子育飴

小野 篁(たかむら)の閻魔庁出仕の話とは別に、「幽霊子育飴」と伝えられる飴を売っている店がある。
なんでも慶長4(1599)年に、鳥辺山(とりべやま:平安時代以前から京の埋葬地となっていた場所)から夜な夜な飴を買いに来る女性がいたという。 “百鬼夜行夜話 006「六道の辻異聞」片山通夫” の続きを読む

百鬼夜行夜話 005「六道の辻と黄泉比良坂」片山通夫

黄泉比良坂(東出雲)

六道の辻と黄泉比良坂(よもつひらさか)。いずれもあの世(黄泉の国)とこの世(現世)との出入口である。六道の辻は京都・東山にある六道珍皇寺境内の井戸が小野篁にとっての閻魔庁への出入り口。黄泉比良坂は日本神話に出てきて、東出雲にあり、根の国(黄泉の国)との出入口。

六道珍皇寺境内の井戸

 

小野篁にしてもイザナギにしても自由にあの世へ行ったrこの世に帰ってきたりして、ほんと、自由人のごとくにふるまう。もっとも黄泉の国へ行ってきたいとは普通の人は思わないとは思う。

 

 

黄泉平坂  六道珍皇寺  スサノオ

百鬼夜行夜話 004「小野篁、閻魔庁でアルバイト」片山通夫

六道珍皇寺

 

小野篁が閻魔庁で夜な夜なアルバイト、つまり閻魔大王の補佐官のようなことをしていたことは前回書いた。彼が朝廷の館から閻魔庁へ行くには、「六道の辻」という辻を通って行った。その六道の辻は京都東山に今も実際に存在する。その場所こそあの世とこの世の分かれ道である。

 

 

“百鬼夜行夜話 004「小野篁、閻魔庁でアルバイト」片山通夫” の続きを読む