編集長が行く「秩父事件に見る明治維新の本質」:井上脩身編集長

0

秩父事件にみる明治維新の本質 ~自由を求めた農民蜂起~
文・写真 Lapiz編集長 井上脩身

 明治維新は農民に犠牲を強いた政変ではないのか。私は高校3年生のときに日本史を習って以来、このような疑問をいだいてきた。専門的に学んだわけではないので、根拠といえるほどの理由はない。だが、明治新政府が産業振興と軍備増強を基本とした近代国家を目指そうとしたところで、突然産業構造が変わるはずはなく、結局のところ江戸経済の根幹であった農民からの税収に頼るしかない。極論すれば明治とは江戸時代以上の農民から収奪の時代といえないか。そんなふうに思いをめぐらしていて、高校時代の教科書のなかに秩父事件があったことを思い出した。犠牲を強いられた農民たちが国に立ち向かうのは当然だろう。今年は明治維新150年の年である。明治維新の本質を秩父事件のなかに見ることができるのではないか。4月下旬、秩父を訪ねた。 “編集長が行く「秩父事件に見る明治維新の本質」:井上脩身編集長” の続きを読む

0