Lapiz22夏号INDEX

あとがきで夏号はすべて掲載しました。

INDEXは6月のカレンダーの日付で当日の記事に飛びます。またLapiz Vol.42 記事という項目やLapiz2022夏号Vol.42という項目でも検索できます。

 

Lapiz22夏号 あとがき《一人寝の子守歌》片山通夫

重信房子 ベイルートで筆者撮影

Lapiz22夏号の最後に・・・。

先月のことだった。日本赤軍の最高幹部だった重信房子が出所したというニュースに触れた。
もう半世紀以上前になるが、筆者は彼女に会ったことがある。場所はレバノンの首都・ベイルート。当時の筆者は所謂ノンポリと言われていたグループに属していたと自認する。学生運動が日本中を駆け巡っていたがおよそそれらに参加することはなかった。彼女に会ったのは日本赤軍のメンバーがテルアビブ空港で乱射事件を起こした前年だったと記憶する。日本でも大きな衝撃をもってこの事件は受け止められた。

その首謀者の一人で重信房子はテロ事件には直接参加していなかったが、一躍彼女の名は全国にとどろいた。
「国際テロの魔女」とも呼ばれた彼女は、筆者があった時には穏やかな女性だった。
彼女は何も答えてくれなかったが、ただこう筆者に教えてくれたことがある。
加藤登紀子さんが歌っている《一人寝の子守歌》って知っています?あの歌詞の2番、私が考えたのよ」
後で調べてみたら《天井のネズミが歌ってくれるだろう・・・
国際テロ事件を起こしパレスチナで活動した彼女はこの歌を幾度となく口ずさんでいたことだろうと思われる。もちろん事実かどうかはわからない。

ノンポリ:英語の「nonpolitical(ノンポリティカル)の略で、政治運動に関心が無いこと、あるいは関心が無い人。 そのような集団をノンポリ層とも呼ぶ。 元は1960 – 70年代の日本の学生運動に参加しなかった学生を指す用語である。

テルアビブ空港乱射事件:1972年5月30日にイスラエルのテルアビブ近郊都市ロッドに所在するロッド国際空港で発生した、パレスチナ解放人民戦線が計画し、アラブ赤軍3名が実行したテロ事件。

Lapiz22夏号 Vol.42 とりとめのない話《俳句うらおもて》中川眞須良

イメージ

私がながく接するモノクローム写真の世界は日常に於ける自分のイメージトレーニングの現状、結果を目視で確認できる唯一の手段と思っている。このため内面的なアンテナを立て、広く情報、感覚をキャッチすることに心がけているが、このアンテナ 自分の体調、気分、またTPOによって感度が著しく変化する(ほとんどの場合、鈍化する)ので困ったものである。 “Lapiz22夏号 Vol.42 とりとめのない話《俳句うらおもて》中川眞須良” の続きを読む

22年夏号Vol.42 連載コラム・日本の島できごと事典 その64《豊田音頭》渡辺幸重

豊田音頭を踊る人(「地域文化遺産ポータル」動画より)

120kgもの重い石地蔵を背負って盆踊りをやるなんて、誰が考えつくでしょうか。それが佐渡島の真野(まの)地区豊田では古民謡「豊田音頭(真野音頭)」として伝わっているのです。

かつて佐渡のホテルで豊田音頭を見た「東京やなぎ句会」のメンバーはその姿に感動し、絶賛しました。小沢昭一は柳家小三治との対談で「僕の心の中の、あれを見たときのざわめき、嬉しさ、……あのナンセンス……(笑)何の意味もない中に、思えばどれだけの深い哲学を、その人その人なりに、あそこから汲み取ることができるかっていう、これぞ、深い芸術、芸能っていうものの極致です」と語り、小三治に対して「あん時にあなたが喜んでる姿を右の目で見ながら、僕もおんなしに喜んで感動していたんです」と言っています(東京やなぎ句会編著『佐渡新発見』1993年5月三一書房)。このときは踊りの輪の中を60kgの石地蔵を背負った男が右から左へただ一回だけ通り過ぎたと説明されています。

豊田音頭は、佐渡金山が隆盛を極めていた頃、その道中音頭が元となってできた盆踊り唄で、昔、若くして妻子を亡くした男が、お盆に戻ってくる妻子の身代りに大光寺境内の地蔵を背負って踊ったのが地蔵を背負う始まりと伝えられ、その後若い衆が力自慢に背負うようになったようです。石地蔵の重さは60~100kgで、なかには120kgを超えるものもあるそうです。私が見た「地域文化遺産ポータル」の動画では、音頭を踊る女性たちの輪に交じって大きな石地蔵を背負った2人の男性が同じ盆踊りを踊っていました。また、豊田音頭を継承しようと活動をしている「小波会(さざなみかい)」の動画では踊り手全員が小さな石地蔵を背中に結んでいました。豊田音頭は一時途絶えたものの1978年(昭和53年)に復活し、真野小学校の子供たちも背の2倍にもなろうという大きなハリボテ地蔵を背負って踊ります。

柳家小三治は「まいんち担いでるやつは、普通の顔になっちゃうわけ。だからあれは悲しかった。すばらしかった。で、しかも、もう担いでる自分の姿を想像して、滑稽にすら思ってる、っていう、そういう、辛い悲しい、そういうものを通り過ぎてしまった人の、……態度だね。だから、すばらしい」と言っています。小沢昭一も小三治も妻子を亡くした男の話は聞いていなかったようです。しかし、それを知っても豊田音頭に対する「あの無意味、不条理、不毛、あれは人生だなァ」(小沢昭一)という評価は変わらなかったでしょう。

22年夏号Vol.42 原発を考える《「黒い雨訴訟」に見る原発の問題点》井上脩身

『私が原発を止めた理由』の表紙

2014年5月、関西電力大飯原発3、4号機の運転差し止めを、福井地裁の裁判長として命じた樋口英明氏の活動を追った映画が今秋上映される。題は「原発をとめた裁判長そして原発をとめた農家たち」。樋口氏を中心に福島県二本松市の営農家らの活動を通し、原発の危険性を告発する映画となるようである。その主人公の樋口氏については、ラピスでも著書『私が原発を止めた理由』を取り上げ、我が国の原発が過去の地震の大きさに対応する対策がなされていないことを明らかにした裁判官であると紹介してきた。樋口氏についての映画企画が浮上したのを機に、私は改めて同書を読み返した。樋口氏が放射能被ばくの観点から「黒い雨訴訟」を注目していることに気付かされた。本稿では、同訴訟を通して、原発の問題点を考えたい。 “22年夏号Vol.42 原発を考える《「黒い雨訴訟」に見る原発の問題点》井上脩身” の続きを読む