百鬼夜行夜話 010「九尾の狐 03」片山通夫

1+
華陽婦人

華陽婦人とは、伝説上の妖婦であって、その正体はインド、中国、日本の三国において悪逆ぶりを発揮したとされる金毛白面九尾の狐。

紀元前11世紀頃中国殷の国に紂王とその妃・妲己がいたことはすでに書いた。紂王は妲己に骨抜きにされており妲己の思うままに酒池肉林の乱痴気騒ぎや無実の人々を残虐な処刑法での虐殺を繰り返した。これに対して反乱をおこした後の周の武王となる姫発は殷を滅ぼし、その際妲己は武王の軍師の太公望によって照魔鏡という鏡で正体を看破され、剣で引き裂かれてついには息絶える。
・・・とこれは中国の話。 “百鬼夜行夜話 010「九尾の狐 03」片山通夫” の続きを読む

1+

百鬼夜行夜話 010「九尾の狐 02」片山通夫

0
妲己

前回書いたように、九尾の狐は中国で生まれた。・・・ということは朝鮮でも活躍(?)した話が残っている。朝鮮語でも「九尾狐→クミホ」とそのまま発音して恐れられた。ただ妲己のような妖艶ではなく美少女に化け男をたぶらかしその命を奪った。かなり恐ろしい…。クミホは人間になりたいという願望強く、1000人の男の命を奪って心臓や肝を食べることで人間になれると信じていたからだといわれている。 “百鬼夜行夜話 010「九尾の狐 02」片山通夫” の続きを読む

0

百鬼夜行夜話 008「平安時代という切り口 2」片山通夫

0

この時代、庶民の生活は先に述べたような驚くほど貧しい生活だったが、いわゆる貴族の生活はとても優雅だった。筆者などは高校時代の古典の授業で出てくる源氏物語に関して「光源氏の夜遊び」と揶揄したものだった。(必然的に成績は最悪!?) “百鬼夜行夜話 008「平安時代という切り口 2」片山通夫” の続きを読む

0

百鬼夜行夜話 007「平安時代という切り口」片山通夫

0
源氏物語

平安時代というと、平安文学ともいえる作品が多数ある。いわゆる王朝文学であり優雅な貴族社会が描かれている。遣唐使による大陸からの文化に加えて日本独自の文化が花開きいわゆる寝殿造りという池や広い庭があるとてつもなく優雅な生活だったことがうかがえる。 “百鬼夜行夜話 007「平安時代という切り口」片山通夫” の続きを読む

0

百鬼夜行夜話 006「六道の辻異聞」片山通夫

0
幽霊子育飴

小野 篁(たかむら)の閻魔庁出仕の話とは別に、「幽霊子育飴」と伝えられる飴を売っている店がある。
なんでも慶長4(1599)年に、鳥辺山(とりべやま:平安時代以前から京の埋葬地となっていた場所)から夜な夜な飴を買いに来る女性がいたという。 “百鬼夜行夜話 006「六道の辻異聞」片山通夫” の続きを読む

0