神宿る。《揖屋神社・御神木 椎の木》片山通夫

0
黄泉の国との境・黄泉平坂

伊弉冉命(いざなみのみこと)を主神として祀る。『日本書紀』斉明天皇5年の条に「又、狗、死人の手臂を言屋社に噛み置けり。」とある「言屋社」、『出雲国風土記』意宇郡の条の在神祇官社「伊布夜社」、『延喜式神名帳』の出雲国意宇郡の「揖屋神社」に比定される。
記紀神話の神産みや大国主の神話に登場する黄泉の国、もしくは根の国(古事記では根之堅洲国)との境である黄泉比良坂(よもつひらさか)の比定地が当社の東方の揖屋町平賀にあり、石碑が建てられている。 “神宿る。《揖屋神社・御神木 椎の木》片山通夫” の続きを読む

0