《渡来人たちの宴・外伝 その4》片山通夫

0

氏姓制度が整備されつつあった古墳時代

氏姓制度(しせいせいど)は古代日本において、中央貴族、ついで地方豪族が、国家(ヤマト王権)に対する貢献度、朝廷政治上に占める地位に応じて、朝廷より氏(ウヂ)の名と姓(カバネ)の名とを授与され、その特権的地位を世襲した制度。「 氏姓の制(ウヂ・カバネのせい)」ともいい、「氏・姓」を音読して「氏姓(しせい)」ともいう。 “《渡来人たちの宴・外伝 その4》片山通夫” の続きを読む

0